<   2010年 07月 ( 9 )   > この月の画像一覧

響きでいっぱい

KOCOMATUが午後から夜中まで人と響きでいっぱいになりました。生音で、車座になって、じっくりゆっくり響きを楽しむライブが開かれました。演奏者も来場者も、それぞれに満足感でいっぱいの贅沢で幸せな時が流れました。

 ちっちゃくても、いえ、ちっちゃいから生まれること、出来ることがあるのだと思います。みんなが響きに包まれるスペース。それぞれの楽器や歌声が持つ美しさ、素晴らしい世界が自分たちの身体も心も満たしてくれる世界。個々の響きが持つ、素敵な響きをじっくり、ゆったり感じて過ごせるように..。そこにいるだけで、心が感じている事に気づくようなスペース。

 ここに集まって、ここから向かっていく..。屋根の上の風見ガラスが、見えない道を指し示し、それぞれの矢が向かうところに歩いて行く..。8本の柱で囲まれた小さなスペースから、それぞれに必要なメッセージを受け取るのだと思います。

 色んな世界で生まれた楽器たちが見せてくれる不思議な響き。5人の演奏者が、それぞれが辿ってきた様々な心の思いを凝縮させ、表現し、分かち合う空間。それを生き生きと反響させ、みんなを響きで満たしてくれるKOCOMATSU。

 森の木々が作り出してくれたスペースに感謝です。かすかな息使い、指先の動きを少しも逃さず響かせるスペースが演奏者を引き込み、繊細な響きに心を添わせる。それが聴き、感じる人々と繋がる。とっても贅沢で幸せなひとときが生まれました。

 それぞれの演奏者の姿、響きが美しく、また気高くも感じました。そして、このために足を運んでくださった皆さんの存在は、何よりもすばらしい響きの仲間でした。
 
 これからもKOCOMATSUの空間に似合ったことを、ゆるやかに、楽しみながら出来たらいいな~と思っています。

 KOCOMATSUは単なるイベント会場ではなく、その響きの中で演奏者を育み、聴衆を育み、自分たちの人生を満たしている美しく尊い世界を感じ、感謝と幸せ、喜びを分かち合うために生かされてほしいと思っています。

 プレオープンで奏でられたハンマーダルシマに続いて、馬頭琴、ホーミー、カンテレ、三味線、ディジュリドゥ、タンプーラ、ラブフルート。まだ、自分たちブルーレイバンの演奏がないという、不思議な流れが面白いです。

 この8月8日のオープンには、皆さんに加わってブルーレイバンの音色もお届けしたいと思っています。
オープンの時には、楽器に限らず、何でも持ち寄って、楽しく過ごしたいと思っています。KOCOMATSUの誕生を喜んでくださる方とのちいさな出会いと繋がりに感謝です。
[PR]
by ravenono | 2010-07-29 11:26 | 響きあう

KOCOMATSUライティング

 8月8日のライブに向けて、ようやく照明が準備できました。前日ギリギリでなんとか間に合いました。使用電力の容量と経済性を考えてLEDの調光タイプ。これで演奏者が好むライティングが可能になりました。

 KOCOMATSUの電気工事に入られた方が、照明を買う予算がないんじゃ仕方ないな~と言いながら、別の現場で落下させて破損したけど、ちょっと見た目にはわからないという照明を一つ持ち込んでくれました。ず~っとそれひとつだけで、あとはキャンドルというスタイルで過ごしてましたが、幾人かの方々の寄贈やカンパがあり設置ができることになりました。

 演奏者の響きと浮かび上がる光とのコントラストもまた夜のライブの楽しみの一つですから、ひとまず良かった..。それにしても、わずかな電力でここまで光る時代に突入なんですね..。明りが当たり前の時代に生きてますが、極力少ない消費電力で過ごすことは大切かも知れません。

 今回は、午後のライブでステンドの明りとキャンドルを楽しみ、夜は軟かなライティングとキャンドルというスタイルになります。昨夜はライブのためのフルートの練習をしばらくしてきましたが、照明のバランスは心の動きにとって大切なものだなとしみじみ感じました。

 その明るさ、その光量だからこそ浮かび上がってくる心もあるのだと..。自然の動きは、実に見事に光の動きを見せてくれますが、人はいつしか自然の流れとは無関係に、照明をいっぱいつけて仕事に邁進しています。こうした行動はいつか必ず心にひずみを起こし始めるだろうと思います。

 眠ろうとする時間に合わせて、ゆっくり光量が減って行く照明があると良いかもしれません...。色んなものが、突如現れ、一気に消えうせる...。それがありとあらゆることに見られるようになると、心は落ち着きを失い引きこもってしまうのかもしれません。

 興行を目的とした音楽の世界とは、およそかけ離れた空間。お金がないから、イモやカボチャを持ってきたら、ああそうかい、ありがとうで繋がるような..。(KOCOMATSUは、イベントに関わる方たちの考え方に合わせた料金設定になっていますが、維持費に関しては利用者、来訪者などのカンパで繋がって維持しています)

 目の前で、演奏者の息使いがはっきり聞こえてくるような音楽。人が多すぎて、挨拶すら満足にできないライブもありますが、KOCOMATSUは大丈夫。そんなに沢山は入りません。音響装置も原則として使いません。照明はキャンドル中心で、ライトはそれをサポートする。

 そんなKOCOMATSUのライブが開かれます。八面の壁がそれぞれの響きを受け取って旋回し、光が一緒に踊り出し、来場者に新しいエネルギーや安らぎ、喜びを届けてくれるでしょう。昼と夜のコントラストも楽しめそうです。まだ少し入れますのでお問い合わせください..。
[PR]
by ravenono | 2010-07-28 03:18 | KOCOMATSU

お茶を楽しむ会

お茶を楽しむ会

2010年8月3日(火曜) 午後1時半~

会場  KOCOMATSU (恵庭市島松東町3-1-8 島松郵便局裏)

参加費  500円

連絡先  090-8906-9916

ゆくりと煎茶を楽しむ集まりです。お気軽にご参加ください。
お茶を楽しむ会 ← ネットで検索してみてください
[PR]
by ravenono | 2010-07-27 00:40 | KOCOMATSU

時の流れ・光の移ろい

 KOCOMATSU建設のプランの段階で、丸太倶楽部のIさんが小さなカラーのガラスブロックをはめ込んでみるのもいいかもしれないと口にしました。デザインのポイントとしてのお話でした。

 調度数ヶ月前に、ステンドグラス作家のIさんに、あまり予算はないけれど可能な範囲で作品を作ってもらいたいとお話していました。Iさんが作家活動で苦戦し、最悪の事態もあるかもしれないという話を耳にしていたことも気になっていました。もう一つは、かつてガラス作品のコンペに参加する時Iさんの工房を丸二日借り切って、徹夜でなんとか締め切りぎりぎりで作品が完成し、なんとか間に合ったことがありました。

 その時の作品が、北海道地域の優秀賞をいただき、さらに全国展に出品し、さらに旭硝子賞をいただくことになりました。それなにり賞金をいただき、繋がっていた仲間に声をかけ祝宴の席にお招きし、お礼をして終わりました。

 ただ個人的にはIさんに、いつか恩返しをしたいと気にかけたまま10数年が過ぎてしまいました。このまま流されるのも嫌だと思っていたところに、Iさんの苦戦状況を伺い、この機会に少しは役立つかもという気持ちで、作品をお願いしたのでした。

 この流れが一つになって、カラーガラスブロックが本格的なステンドグラスのプランが始まったのです。Iさんは、最初自分でデザインしたら..と口にされました。しかし、私の気持ちは、なんでも自分で手掛けるところにはなく、Iさんが作りたいようにしてもらえたら、それが嬉しいとお伝えしました。それなりにモチーフやイメージをお伝えし、後は作家にゆだねるという形になりました。

 KOCOMATSUが8面体であることもあって、Iさんからのプランには予想外のステンドが用意されていました。小さな作品を自宅の居間に一つという最初の話が、KOCOMATSUの話になって、結果的に5枚の作品が組み込まれることになったのです。

 小野さんがやるのなら..という彼の言葉には、様々なニュアンスがこめられていたと思います。私がココで何をしたいのか..それなりにお伝えしていました。その思いに何らかの共感をいただき行動に移してくださったのです。

 こうした出会いと繋がりが、KOCOMATSUを作り上げたのだと思います。人を愛すること、繋がりを大切にすること、全力で惜しみなく取り組むこと、掛け値なしに大切だと思うこと与えることを喜ぶ生き方...。

 私は、恩返しをするどころか、むしろこれまで以上にたくさんのご恩をいただくことになりました。KOCOMATSUのステンドグラスを見上げ、差し込む美しい光を見つめ、部屋中が光の移ろいでいっぱいになる時、輝きへの感動とIさんの生き方への感動が一つになっているな..と感じます。

 Iさんの人生に注がれた光。その光が、ステンドの美しさを浮かび上がらせ、その心を動かし、懸命に作品と向きあう道を与えてくれたのでしょう。

 ステンドの美しさもさることながら、Iさんの生きる姿勢、光と輝きを喜び、楽しみ、感動を分かち合おうとする純粋な思い、美しさに繋がる心。彼の作品は、心の目でそれを見つめ、感じる人々への愛や祈りとなり、心の奥深くに純粋な感動と感謝を呼び起こしていくことと思います。

d0178682_13581254.jpg


d0178682_1462968.jpg

[PR]
by ravenono | 2010-07-24 14:12 | 光の移ろい

足場

  どんな建物にも必要なのは足場です。足場があって、初めて工事が進むのは誰しも知っていますし、足場の組み方が仕事の段取りを決めてしまうと云ってもよいかもしれません。建物が完成した時には影も形もなくなっているのですが、工事の時には全体を覆いつくすように組まれます。内側も、外側も足場でいっぱいになります。

 必要不可欠で、最後には取り払われるもの。これは物事が生まれるときの基本的なパターンだと思います。様々な作業に携わる人は一様に、段取り8分と口にします。下準備、段取りの重要性を意味しているわけですが、誰しもが、そうだよな~と感じるかと思います。

 そんなこともあって、今回は、殺風景にも見える足場の写真を載せてみました。

 敢えて自問すると、人生どこまでが段取りなのかな..。どこで仕上げることになるのかな...。ともすれば、足場さえ組めずに、時間だけが過ぎていくことにもなりまねません。折角組み上げたけど、もう一度やり直しということだって起こるわけです。

 KOCOMATSUは、ほぼ8カ月かかってようやくこの8月8日にオープンになりますが、実際はまだサイドのスペースの内壁工事がのこっています。結局足場は外壁に手をかけ終わるまで、ほぼ7カ月も残されていました。いつまでたっても外壁が仕上がらないので、まさかこのまま工事中断とか、これで終わりじゃないですよね..と近所の人から尋ねられたりもしました。

 冬の始まりから、夏の盛りまで、それなりに長い道のりでした。建物のありようは、どこか人の歩みに似ているような気がします。いつまでも足場が外されなかったり、足場の設置の仕方がまずかったり、外壁が残されたまま年月だけが過ぎてしまうこともあるわけです。

 足場が悪いと、無駄も多いし、危険も多い。最後には撤去されるかもしれないけれど、しっかり組み上げておきたいものだと思います。

d0178682_153122.jpg

[PR]
by ravenono | 2010-07-23 01:11 | KOCOMATSU

見えなくなるからこそ

 大切な土台の上にメインの柱や骨組みができると、全体を繋ぎ合わせる作業が始まります。これらの部分は、完全に隠されてしまいますから、よほどのアクシデントでもない限り、誰も見ることはない部分です。

 こういう作業の段階では、様々なことが起こります。不法建築や違法建築に加えて、コストを軽減するためのごまかしも珍しくありません。手間暇を惜しみ、楽をしたり、儲けを多くしようとする意思があれば、どうにでも処理できる部分です。

 見えないからいいではなく、見えなくなるからこそ、しっかりと取り組まなければならない部分です。これは、クリエイティブな仕事に関わる人すべてにとって、大切な資質なのだと思います。ラブフルート作りも、表面に見えていない要素がなかなか伝わりにくいと感じることは珍しくありません。

 KOCOMATSUの壁の内側の構造が現れている写真。真剣に取り組む職人さん。柱をしっかりと結び付け強度を保つための作業は冬の天候を見ながらの作業になりました。

d0178682_038418.jpg

[PR]
by ravenono | 2010-07-19 00:38 | KOCOMATSU

仮組&棟上げ

 加工されたトドマツを仮組みする。この作業はとても重要です。本格的に立ち上げる前に、しっかりと組み上げて、問題点を処理しておけば、八割は大丈夫。残りは予測できなかった現場の問題と取り組み、どれだけ柔軟に対処できるかが鍵になります。

 KOCOMATSUの棟上げには、大工作業にIさんとその仲間一人、設計事務所のHさん(大工経験もある方)、大活躍のGさん、それにステンド作家のIさん。全員力を合わせての棟上げでした。あまりの勢いに、大丈夫か?とテンポダウンした方がいいと感じる、それほどの勢いでした。80代ラブフルート仲間の一人Tさんが持って来てくださった一升瓶が雰囲気を盛り上げてくれました。無事立ち上がったところで、アツアツの豚汁などを食べながら、それぞれの思いを語る時間がありました。

 この作業には、金工作家のNさんが手がけた鉄製金具が重要な働きをしていました。8本の柱、さらに組み上げられる屋根の骨組み。これらを繋ぎ合わせる金具は、完成後もしっかり見える構造になっています。

 切り倒される前のトドマツ、切り出されたトドマツ、そして組み上げられたトドマツたち。そこに関わった一人一人。これらが組み合わされてKOCOMATAUの骨組みが出来上がりました。

 人間の肉体の芯の部分には骨がある。それを繋いでいる関節。腱や筋肉がある。KOCOMATSUはあたかも一人の巨大な人間が生み出されるようにして生まれました。

 丈夫な土台があって、堅固な柱があって、しっかりとした屋根と一体化する。これは建物の基本中の基本。雨風や日差し、雪などに耐えるためには、まず土台、そして柱と屋根。

 なるほど、頑丈な土台が肝心なのだ。さて、人生の土台はどうなってるのだろうか?

 土台の上に立ちあげられる丈夫な柱がなければ、ただの石ころ状態で終わってしまう..。さて、自分には何本の柱があるのだろう。

 さらに、様々な状況の変化に耐え、それらから身を守る屋根は大丈夫だろうか?

 土台と柱と屋根を一体化させる壁はどうだろう..。光や風を取り入れる窓はあるだろうか...。そんなあれこれを考えながら、棟上げからの流れが始まりました。
d0178682_1161854.jpg
d0178682_1175061.jpg

[PR]
by ravenono | 2010-07-13 00:48 | KOCOMATSU

生きている8本のトドマツを切り倒す

KOCOMATSUは8本のトドマツの命で支えられています。ラブフルートと出会い、ライブで出会ったGさんはKOCOMATSUのプランに熱心に心を傾け、是非協力できることをさせてくださいと申し出てくださいました。最初はカラマツを柱にと考えていましたが、Gさんの思いを受けてまずはトドマツ林を見てみようということになり、時期を見て出向きました。

 やや細めではあるれど何とか使えそうだと判断し、長沼の林のトドマツの伐採を始めました。この一連の作業にはGさんの全面的な協力がありました。惜しみなく、心から、全力で手助けしてくださるGさんの姿は、空に向かって堂々と生きてきたトドマツの存在と重なります。

 Gさんと一緒に丸太倶楽部のIさんも全力で取り組んでくれました。Iさんは、生きている木を伐採するのは初めてだったのでした。通常は業者に依頼し、丸太を購入してから目的に合わせて加工してきたのですが、直接切り倒して皮を剥いで、切り込むことになったのです。危険と隣り合わせの緊張する作業に取り組んでくれました。

 慎重に切り倒されていくトドマツを見ていると、とても神妙な気持ちでいっぱいになりました。命をいただき、新たな命のために用いる。この大自然は、それを黙々と続けてきたのだと思います。私たちも、与えられた命を用いて、新たな命につながる営みに関わっていくのでしょう。

 生と死は不思議な循環を通して繋がっているような気がします。大地に残されたトドマツの切り口を見ながら、思わずこの瞬間を大切に心にとめておこうとつぶやきました。

 Gさんは、トドマツを伐採し、材料として切り込むための作業場まで提供してくださり、棟上げまで手を貸してくださいました。その間に、基礎工事のHさんは土を掘り起こし、鉄筋を組み、ブロックを積み上げ、コンクリートを流していました。

 Hさんは、休憩時間にラブフルートの音色を聴き、少し心が弱っている妻のためにフルートをプレゼントしたいと口にされました。そのフルートは完成し、いまお渡しする時を待っています。

 KOCOMATSUは、こうしてメインの柱と大切な土台と組み上げる人たちによってゆっくりと作り上げられてきました。Iさんの作った三個の丸太の椅子と細いラブフルートとのトレードという何気ない出会いが、KOCOMATSU誕生の布石だったのでした。
d0178682_148341.jpg

d0178682_151347.jpg

[PR]
by ravenono | 2010-07-07 01:53 | KOCOMATSU

来訪者88人目・青くて背の高いステンドグラス

 まだちゃんとしたオープンをする前にKOCOMATSUの来訪者が88名ほどになりました。再度訪れた人の数は入っていませんが、140~150名ほどの方々をお迎えしていると思います。とても嬉しく、感謝しています。
d0178682_1143575.jpg
自宅の狭い敷地に建てられた小さなスペース.。来られた方々がどんな印象を持たれたかはわかりませんが、出来るだけゆったり過ごしていただければと思っています。

 自分の心が静かに、ゆっくりと本来の状態になっていくまで待つ。そんな場になって行けばいいかなという気持ちでお出迎えしています。

 KOCOMATSUには時計がありません。光の移ろいがあるだけの空間の中にいると時間という考えかたが薄らいでくるようです。年月で区切った人生の捕らえ方とは違ったところで自分を感じ始めるのかもしれません。

 今朝は早朝からトドマツ・ラブ・フルートのチューニングを手掛けていたのですが、ようやく調整を終えてKOCOMATSUで響きや音程の確認をしました。この時、正面右手のステンドの光がミズナラの床に不思議な水の流れを浮かび上がらせていました。

 その光をじっと眺めていると、揺らぎながら別世界の入り口へと誘っているような錯覚におちいりました。背高のっぽのステンドは一日の始まりを知らせてくれる場所に立っています。その輝きは静けさを伴いながら、ゆっくりと深い水の世界を描き出してくれます。ほぼ同系色でまとめられ、一見地味なステンドはひとたび光を受けて投影されるとき、神秘的な世界を浮かび上がらせてくれます。

 ブルーのガラスの両脇に配された微妙な色彩が絶妙なコントラストを生み出し、青の深みだけでなく爽やかさや透明感を感じさせてくれます。シンプルで奥深い..。

 このステンドはステンド作家石戸谷氏が、なぜステンドと関わり続けるのかという問いへの答えの一つのような気がします。日々刻々と光の移ろいは変化し続けていますが、いつかこの光を感じてみてください。
[PR]
by ravenono | 2010-07-04 11:45 | 光の移ろい