<   2011年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

米一合

  KOCOMATSUにお米が届きました。小さな呼びかけを初めて来ましたが、それはどこまでもコツコツと継続していける具体的な事として自分が思う事を始めています。

 その思いを受け取って、少しずつ動き始めてくれる方がおられます。一合以上持っていっても良いですか?との問いもありました。勿論、大歓迎なのですが、一時期にどっと集まることの大切さと同時に、長くこの震災の事を思い起こし続ける大切さを感じています。

 そのための工夫は、それぞれが思うところで良いのだと思います。今回お持ちくださった方は、今は仕事に就く事が出来ないので、お金は出せないけれど、お米なら出来ますとのことでした。

 毎日一合でも、一週間に一合でも、1月に一合でも、何かあるごとに一合でもいいのです。地道に続け彼らを忘れない事が、生きるための米になって届く。

 かつて、ある集まりに急遽参加する事になりました。ちょうどお昼の食事時でした。この時、一人一人が自分のお皿から、スプーン一つ分を分けてくださいました。その結果、私のお皿にはだれよりもたくさんの食べ物がありました。

 あれこれ言葉にすることも必要ではあるけれど、具体的な行動を伴うことが必要な気がします。米一合なんて...というよりも、まず心のこもった米一合を差し出す。そうやって生きる。許される限り、出来る限り、米一合と言い続け、届ける。

 これは被災者だけでなく、追い詰められ食べる事を断念するほどに困窮した人たちにも必要なのだと感じています。一握りの米が、どれほど心を支え、繋がりを生み出してくれるのか...。

 まず、自分の心で、そうしようと思う事を始め、継続する。こうやって、木々も花々も芽を出し、花を咲かせ続けてきたような気がします。

 無理なく、心底出来る事を、一歩前に出て、始める。そんな気持ちを自然の引き出してくれる、一つの空間。顔を出してくださった、久々のKさん、Kさんに紹介されてやってきたお友達、今朝お米を届けてくださったTさん。それぞれが、春を予感させる柔らかな光の中で、それぞれの思いを伝えてくださいました。ありがとう!
[PR]
by ravenono | 2011-03-29 11:27 | KOCOMATSU

チェルノブイリと福島原発を考える in KOCOMATSU

チェルノブイリと福島原発を考える in KOCOMATSU

2011年4月9日(土曜) 午前10時から午後10時まで

出入り自由・楽器持ち込み自由・食べ物持ち込み自由(アルコールは除きます)

チェルノブイリ原発事故の被災者たちのために長年ボランティア活動を続けて来られた
野呂美加さんを囲んで 思い思いに語り、歌い、踊り、祈る集いです

参加費 = 自由カンパ & 米一合 (どちらも震災のために使います)
[PR]
by ravenono | 2011-03-25 19:32 | KOCOMATSU

この風はどこから来て、どこへ行く

 KOCOMATSUの屋根の上には、ワタリガラスの風見鶏があります。目に見えない風が、どこからどこに向かって吹いているかをいち早く見せてくれます。それは、単に風の流れを見えるようにしてくれるだけではなく、自分もしくは自分たちが、どんな風を受け、どこに向かっていくのかを示しているとも言えます。

 大震災と原子力発電所。この二つが、確実にこの国全体を揺さぶり、さらには世界にも大きな影響を起こし始めています。一つの炉心が万が一爆発すれば、連鎖的な爆発は免れない。そんな危険を海外の方々は感じておられるのだと思います。

 津波の難は逃れたけれど、それ以上の危険を孕んでいるという現実を直視しなければならないように思います。大丈夫と言い続けながら、凄惨な結末に至った第二次世界大戦時の国家の姿勢は、個人の内面にも起こる独特のパラドックスであり、それは現在もほとんど変わっていないのだと思います。

 チェルノブイリとは違うと強調されているけれど、一瞬の見落としや心理的な困惑が絡み合っている関係者たちの盲点が気になります。本当に、今しなければならない事に焦点が合わせられるようにと願います。

 KOCOMATSUは小さな場所ですが、風向きを見ながら、大切だと思う事を発信することも必要かもしれない。そう感じて、下記のhttpを掲載しました。一つは、チェルノブイリの後のサポートを続けて来られ、ミズナラのラブフルートを手にされているNさんのブログです。http://www.shoujin.com/wp/

 もうひとつは、流れの中で出会った記事ですが、一読の価値はあると思い掲載しました。
http://actio.gr.jp/2007/11/19061359.html

 最後に、先日のワークの時に「一人米一合」を被災された方たちのために集め、お届けしたいと思っています。なにか、どこか、人が集まる時に、米一合!と声掛けし、持ってきてくださったものを集めてみたいと思って声掛けしています。

 小さな事ですが、お金が乏しくても、米一合なら協力できるし長く継続していく事も出来るような気がしています。参加する方も、受け取る方も、喜びや感謝がある。そんな地道な活動を、コツコツ続けようと思っています。

 たかが米一合ではなく、お米が元気の元になる。そう感じた方たちが、そっと動き出すのがいいような気がします。気合を入れて、一気に盛り上げて消えていく流れではなく、地道にコツコツ続けていくのがいいと思っています。
[PR]
by ravenono | 2011-03-24 10:52 | KOCOMATSU

ここで待つ

d0178682_2041557.jpg
昨夜遅くにTさんから電話。明日、KOCOMATSUに行っても良いですかとのことでした。翌日彼が現れた時、外は再び冬のメッセージを届けに雪たちが降り積もった後でした。そこそこ降り積もった雪を、彼は黙々と汗だくになりながら除雪してくれました。

 半月ほど前でしょうか、突然電話があり、久々の会話になりました。雇用契約が切れて、就職活動に入るのだと聞いてから半年近くが過ぎて居ました。時折思い出しては、どうなったかな~と思っていましたから、まずは元気でいてくれて良かったと思いました。その会話の中で、こちらの近況を話すことになり盗難事件の流れを少し伝えました。

 数日後、彼はマイフルートを持ってやってきました。その気持ちはありがたくお受けし、丁重にお断りしました。今の彼にこそ、フルートは大切なのだと思ったからでした。たとえどんな事が起ころうと、それぞれのためのマイフルートをお作りするために手を貸す働きを与えられた事に十分感謝し満たされているのですから...。

 しばし個人レッスンをしてから帰ろうとしたTさんが、乏しい財布の中からカンパ金を置いていこうとしました。その気持ちは十分伝わったから、そのままお帰り下さいと伝えました。金銭的困難があっても、安心して顔を出せる場所にと願ってのスペースですから、当然のことでしたが、彼はこの時の事でとても感動し、「先生だって大変な時に、僕の気持ちを受け取って自分の生活を大切にしてください」と言ってくれた事で自宅に戻ってから涙が出ましたと...。その言葉を聴いた時、ほんとにお金に困って思いっきりぎりぎりの生活をしていた時を思い出しました。

 お金がなくて、どこにも行けない。何も食べられない....。身体を休めるところもない.....。孤独と寂しさでいっぱいの夜が繰り返す....。その体験がKOCOMATSUの土台の一つになっています。

 トンコリを弾いたり、ドラムを叩いたり、並んでいるフルートを自由に吹いて過ごしていいよと言ってくれたので、そう言ってTさんはやってきました。内心は、仕事が長い間見つからず、生活も厳しく、心も塞ぎがちの筈です。何をやってみても、どこか心が落ち着かなく、自信を失いがちな毎日。彼のために一本のフルートを手にし、その響きが彼の全身を包み込んでくれますように...と思いを込めた響きになりました。

 帰り際のTさん「先生がこの場所を作った意味が分かりました」と言い残して帰りました。

 この内容は大きな地震の前に書き留めて居ものです。

 想像もつかないような震災が、一瞬であまりにも多くの方々の命を消し去りました。凄惨な光景を見ていると、何かをしなければという強い思いが湧いてきますが、広い視野で状況を見つめる事が大切な気がします。
 
 原発の事故処理のために全力を尽くして居る方々と、その家族。救済のために働く人々とその家族や友、遠く外国から駆けつけてくださった方々。片時も動きを休める事が出来ない、長く厳しい時間。一つの命がどれほど大切なものか、一人がどれほど多くの人々と繋がって生きているか。

 それは日々の歩みの中ではっきりとお互いの命を受け取りながら歩く事の大切さの確認にも繋がるように思います。突然の死は、いつでも、誰にでも起こります。だとしたら、今をどう生きるのか。

 まず、自分自身の足元を確かめつつ、出来る事をさせていただきたいと思います。
[PR]
by ravenono | 2011-03-15 20:43 | KOCOMATSU

雪道の先にあるKOCOMATSU

d0178682_1181893.jpg


 雪に包まれたKOCOMATSUは、どこか不思議な世界の入り口のような感じがします。かまくら遊びとかの延長戦なのかもしれません。島松と言う小さな町の駅前通りを抜け、右手にちらりと郵便局が見えてくると、裏側の駐車場の奥の方に小さな建物が見えます。

 外観も周辺とはちょっと違っていて、中に入ると、さらに違う空間になっています。8本のトドマツの柱が一本の木のように繋がって雨を受けたり、雪を乗っけたりしながら、狭い空間に豊かな光の世界を見せてくれます。

 ほっとする、静かだ、落ち着くという感想を何度も耳にしました。そのKOCOMATSUが雪の中で待っててくれるのです。足を踏み入れるたびに、ああここはみんなの思いがゆっくりと積み上がっている場所だな~と感じます。皆さんとの出会い、フルートと一緒に旅してきた道が、ここに繋がっていたんだな...と思います。

 建物はいつか崩れ落ちるのでしょうが、きっとそれぞれに必要な分だけの記憶となって旅塚の一つになるような気がします。朽ちるからこそ、それは格別な意味を持って、いまここに建っているように思います。
[PR]
by ravenono | 2011-03-10 11:09 | KOCOMATSU

声が響く

1泊の予定が、大雪で飛行機飛ばず、もう一泊となったHさん。KOCOMATSUで存分に歌ったり、のんびりしたいという希望がかないました。

 その二日目の夕方ぎりぎりで、気になる事を伝えて、簡単なボイストレーニング。それは単なる発声の訓練ではなく、二日間で感じたHさんの生きているスタンスとの繋がりから、自然と生まれて来た時間でした。歌うことが仕事と言えば、そうだというだろうHさんに、余計な事を伝える必要はないかとも思いました。それでも、どうしても気になる事があるのでとお伝えし、それに素直に応えるHさんがいました。

 そして短時間のうちに、声の出所が変わり始め、本人いわく「すごく楽になった」と。声を出すと云う、素朴な事ではあるけれど、なかなか奥深い世界。発声しながら、本人も声が変わっていくのを感じ取ることができたようです。勿論、ほんの入り口ではあるけれど、これからが楽しみです。

 ここで気づくのは、本当に土台となる事をしっかり受け取っていくことの大切さです。呼吸という、生きていく原点とも云うべき状態は、生き方や価値観が良く良く現れるということです。自分の言動に気づくという入り口は、自我への固執からふっと離れる瞬間に起こりやすいのですが、気付いてもなかなか具体的な変化には至らないことが多いように思います。

 気づきが何度か繰り返されるようになって、このままではまずいと本気で思うようになって、そこからまた時は流れる。それは、具体的、直接的に取り組み始めるまで、変わらないのです。さらに、取り組み始めてからのほうが忍耐も根気も必要になります。

 気づくこと、具体的に取り組むこと、変化が明確になるまでコツコツと継続する事。その先はお楽しみになるのですが、Hさんの場合は、なんとなく気づき始めて、ほんの少し具体的な取り組みをしてみた訳です。

 問題は、「長続きしないタイプなんです..」と口にしていた事でしょうが、これはある種の目的意識や使命感に似た要素があれば、何とかなるような気もします。とはいえ、目的意識や使命感なるものは、自然な発声に向かうプロセスをゆがめやすいので、そのあたりのバランスが難しくもあり、楽しみでもあります。

 3月20日には、KOCOMATSUで声とドラム(+フルート)のワークショップが予定されていますが、どんな感じになるのでしょう。声から生活や生き方が変わり、生き方の変化が声を変える、その微妙な絡み合いを感じ取る時間になりそうです。
[PR]
by ravenono | 2011-03-05 10:28 | KOCOMATSU