<   2011年 04月 ( 4 )   > この月の画像一覧

津波の跡に立つ木々

 一瞬の津波で全てを奪い去られる。しかも、思いもよらぬ広い範囲で津波が起こり、あまりにも多くの命が失われました。堅牢と思われていた建物も崩壊し、車や船はおもちゃのように軽々と流されてしまいました。

 お気づきになられた方もいらっしゃるかと思いますが、海岸線に津波が去った後に残っていた木々たちを..。今はおそらく植物たちが最初に息を吹き返し始めている事でしょう。

 かつての大きな台風で倒された木々たちの姿はいまだに心に焼き付いていますが、大津波の後に生き延びた木々の姿もまた、心に深く刻まれていくように思います。

 私は、木を切り、削り、磨き、息を吹き込むと美しい響きを生みだす笛を作りながら歩いています。工房にやってくる木々たちの命を思うと、随分と様々な体験をして来たのだろうと思います。頭上に降り注ぐ星々と語り明かし、吹き抜ける風たちと戯れ、雪を身にまとい、光をたっぷりと浴び、動物や人々の生きざまも見て来た事でしょう。

 自宅入り口にある柳の木は、私が中学生の時に河辺から引き抜いてきた小さな苗木でした。50~60センチの柳は、空手のとび蹴り練習用に植えるといいと言われて植えたものでしたが、成長が早すぎて
たちまち飛び越えられない高さになってしまいました。今では、電柱よりも高くなっています。

 強風で何度も枝が折れてしまいながらも、今も堂々と生き延びています。この柳の木は、私の思春期から今現在までのすべてを知っているのだと思います。自分のどの時間のどんな出来事を語りかけても、きっと何か大切なメッセージを届けてくれるような気がします。

 この柳の枝の隙間から月を眺めるのが好きです。どこからともやってくる鳥たちとの出会いも、楽しみの一つです。営巣の時期になると、普段止まらないカラスのカップルもやってきます。

 この震災の時に木は随分と人の命を助け、支えてくれただろうと思います。木にしがみついて津波の中をくぐり抜けた人、木を組んで雨露をしのぎ、木を燃やして暖をとり、煮炊きをする。寡黙ではあるけれど、木たちは時に応じて豊かに語りかけ、命を支えて来てくれた事でしょう。

 そんなあれこれを思うと、美しい響きを生み出す木々の優しさが心に沁みて来ます。その響きは、心を強くし、慰め、涙を拭い去り、優しさで満たして、深い知恵を届けてくれる大切な友として傍らに寄り添ってくれるように思います。

 KOCOMATSUの小さなスペースでラブフルートを吹く時、いつも8本のトドマツたちが響きを受け止め豊かに広げて歌ってくれる喜びを感じます。心を震わせ、空間を揺さぶり、木々の響きと共に歌う。そんな命の喜びを感じたい、知りたいと密かに願う方たちとの新しい出会いの旅。春の花々の息吹と一緒に歌い始める季節がやってきました。
[PR]
by ravenono | 2011-04-19 01:32 | KOCOMATSU

遠吠え in KOCOMATSU

 KOCOMATSUでチェルノブイリ&福島原発inKOCOMATSUを開催して、メインゲストの野呂さんが吠えた。最初は、随分穏やかだな~と思っていたけど、やはり核心に近づくと確実にエネルギーは高くなり、ちょっとおっかない暴言まがい?!も飛び出して、一気に活気づきました。

 電力会社の原発に関わる大集会の場で、啖呵を切っただけのことはある。彼女は、正真正銘の愛の人なのだ。被災者や子供たちを真剣に守り助けようとする思いが、吠えさせるのだ。

 彼女の誠実な関わり方が、聞いている人たちに十分すぎるほどの信頼を抱かせる。こういう人が居てくれたんだ..。どこの生まれか知らないけれど、きっと江戸っ子なんだと勝手に決めつけたくなるほど、きっぱりしているし、気前が良くて、元気が良い。

 放射線をはじき返しそうな気もするが、そうもいかないだろうから、十分に休む時間も取ってほしい。とはいえ、これから当分の間は、これまでにないほど慌ただしく、体力も必要になってくるだろう。

 KOCOMATSUは八角形。それぞれの屋根の先端から、四方八方に大切なメッセージが飛んでいってほしいと思う。福島の事は、今後の様子を見て、必要な動きをしようということになったが、恐ろしいほどのんびりと避難の動きが出て来た。遅れた対応に関して何の謝罪もないまま、ついに決断せざるを得なくなったというけれど、悪びれずチェルノブイリほど自体は悪くないと申し添えるあたりが、権力志向の証拠だろう。

 指導者たちがどうであれ、それを理由に自分たちが沈黙していれば良いとは思えません。淡々と、自分に出来る事、許された範囲ではあっても、命を堂々と使い、大切に生かそうとする道を辿るのが良いと思います。

 彼女は言います。「私は放射能が怖い。原発は厭です。止めてください。と電力会社に電話してください!黙っていてはだめ。何も変わらず、彼らは無視する。だけど、電話口で、やめてほしいという声を聞けば、人間だから、どこかで感じる事があると思う。」と。

 この言葉の真意を考えてみました。自分たちが生まれて来て、自分たちが社会を形成しているのだけれど、誰が何をしようと、まあなるようになるさ。好きなやつが、好きな事をやればいい。自分に迷惑かけないなら、それでいい。誰が政治家になっても、似たようなものさ..。

 ぬるま湯の中で、それなりに楽しんでいられれば、まあ幸せなもんだ..。長湯し過ぎて、全身がふやけてしまったり、のぼせて頭がふらふらして、事態が飲み込めない。そんな生き方が当たり前になっていたのかもしれません。

 政治活動に燃えるつもりもなく、特定の個人を非難するつもりもないけれど、自分の心や意識がこの社会の一部であって、何をどう思うか、それなりに明確にするのは、命の原理にかなっているのではないか。言動に注意しながら、適度に自分なりの響かせ方をしてみようか、そう思っているうちに、ツイッターへの書き込みが少し続いてしまいました。

 珍しいな..まだ、少しは表現してみようというエネルギーはあるんだな..と思いました。野呂さんの吠え声に刺激されて、自分も少し遠吠えしてみました。自分の無関心や我関せずの姿勢が、原発をキノコのように発生させてきたのではないか。そんな反省も含めて、それなりに動き始めようと思います。
[PR]
by ravenono | 2011-04-13 00:30 | KOCOMATSU

まず一歩 

チェルノブイリ&福島原発inKOCOMATSU。声を掛けて初めての米一合。小さな力が集まりました。

米一合の呼びかけがあったので、来る気になりましたという声もありました。10キロ以上のお米が集まりました。これは今後も継続する動きであり、実際このための協力を続けますと伝えてくださったかたもおられます。

 頭や知識で考えて、物事の実質的な動きと力を軽視する。これは情報や認識が先行する時代性が持つ傾向ではありますが、黙って必要だと思う事を実践する。そういう個人が、それぞれの場で現れてくること。組織や価値観が先行する動きではなく、それぞれがそうだと思う事をする。その実践です。

 お米一合をわざわざ、そのためだけに札幌から持ち寄ってくださった方。そういう存在が、自分たちの周りにおられる。それを感じ取るだけでも、十分意義があるように思います。

 今回の集まりでは、メインゲストが放射能から身を守る具体的なやり方を見せてくれました。放射能測定器を使って、具体的な説明もしてくださいました。放射能に汚染された子供たちとどのように接し、どのように汚染と関わってきたか、ひとつひとつ具体的に伝えてくださいました。

 あまりにも原子力発電に関わる企業や関係者たちの力が大きく、強くすぎて、自分の無力を痛感し、これまで培ってきたデータも処理するしかない。精力的に働いてきた彼女にそこまで言わせるような強烈な社会構造。放射能の現実的脅威を完全に無視してきた権力の前に断念しかけていた、そのタイミングで今回の事故が起こったのでした。

 人間の盲目、権力や利得、自己保身のために弱者の困窮や命そのものを軽視する。それが実際に行われている印、その象徴が、今の福島原発の汚染を広げている。その愚かしさと悲しみに対して、黙って身近な安全と平和に甘んじていれば、恐らく気付いたと時には手遅れになりかねないでしょう。

 チェルノブイリが見せた生々しい現実は今も苦悩を負い続けています。それでもなお、日本の企業と権力は原子力を選択したのです。しかも、その原子力が問題を引き起こしている只中で、大丈夫を云い続けているのです。

 チェルノブイリなら廃村にしているような放射能が広がっている福島の現状。それが、何故大丈夫だと言われ続けるのか。そして真っ先に影響を被る子供たちの命を大切に守ろうとしないのか。手遅れになってから、実はこうでしたと云わずに済ませられるのだろうか?

 この現状に対して、自分が何をするべきなのか。個々の叫びに聞く耳を持たず、安全を伝え続ける指導者たちの覚醒を待つ間に、蝕まれていく子供たちは、やむを得ない犠牲者で済ませられるのでしょうか。

 今回の集まりは、為政者への批判や問題意識を云々する事を二次的な事として、自分たちが出来る具体的な取り組みのための第一歩と感じています。

 震災の被害者たちの救援のために倉庫を建て始めた人たちがいます。皆が同じ事をする運動ではなく、それぞれが自分のスタンスで決断し実行する。繋ぎ合わせ、同化させるためのエネルギーではなく、個々のエネルギーが動き始めるための第一歩なのだと思います。

d0178682_17303770.jpg


      放射能を浴びた服は廃棄すること

d0178682_17334823.jpg


    放射能測定器を見ながら説明するメインゲスト(野呂美加)
[PR]
by ravenono | 2011-04-10 17:37 | KOCOMATSU

30年ぶり、40年ぶり

 KOCOMATSUを訪ねて来られた方の中に、30年以上時が流れて再会した人がいます。面白いもので、再会した途端、当時の事が一気に甦ってきました。第一印象、最初の印象は最後まで記憶され続けるものだと、つくづく思います。

 数十年過ぎれば外見が変化していて当然ですが、色々とお互いに口にこそしませんが、感じるものがあります。どんな道を辿って、ここに至ったのか。それは、本人から出てくる言葉から知るしかありませんが、むしろ、言葉にならない部分こそ、その人の今に繋がっているのだと思います。

 吹奏楽を教えていた時の生徒でしたが、今では近隣の中学校の教頭としてしっかり働いていることが分かりました。玉手箱を一緒に開けてみた..そんな感覚の出会い、再会でした。それは懐かしくもあり、楽しくもありで、とても心地良い時間を過ごす事が出来ました。

 そして、つい最近になって、今度は40年以上の時間が過ぎての再会になりました。それは同窓会とは違います。その頃の先輩との再会でした。不思議なもので、先輩という響きは今に至っても、かなり有効で、立場はずっとそのまま継続されているのです。とはいえ、見た目は、私の方が先輩風ではありましたが...。

 高校時代に、フォークソングのグループの一員として声を掛けられ、一緒に演奏したり歌ったりしてた事があったのです。その後、それぞれに旅をしてきましたが、40年以上経過した今現在、どちらも音楽の世界に居て、音楽が生活の中心にありました。ギター弾きから、いつしかベーシストになっていたT先輩と、毎日フルートを吹き、ギターを弾き、歌っていた自分。何となく嬉しい再会となりました。

 たった一人の人との出会い、再会がとても貴重なものであり、離れてはいたけれど、どこかで繋がっていたんだな~という感覚が不思議な幸せ感になっているように思います。命が続いてきた..それがどんなに貴重な事か、改めて感じるKOCOMATSU空間の出来事でした。

d0178682_1161847.jpg

[PR]
by ravenono | 2011-04-08 01:17 | KOCOMATSU