<   2011年 08月 ( 3 )   > この月の画像一覧

二人の長老との出会い

 この季節ならではのKOCOMATSUのステンドグラス。午前中に差し込む光が、水の流れを思わせ、木の揺らぎと重なる陰影が美しい。水や流れの美しさをステンドの光を通して新たに感じる時間の貴重さを感じます。

 空気も水も太陽の光も食べ物も、僕たちの命にとってなくてはならないものだけれど、なくてはならないものにどれだけ意識的に感謝しているだろうか。形式をとっても実質が伴うとは限らないけれど、心の伴う形には意義深いものがあるように思います。

 形が心をいざなって豊かさを生み出すこともあるのだと思います。そんな気持ちはなかったのだけれど、手を合わせる人につられて真似てみて、はっと気がつくこともあるのだと思います。

 ご高齢の女性が、太陽に向かって手を合わせる姿を見ながら、年を重ねたからこそ感じることがいっぱいあるのだろうと強く感じた記憶があります。

 以前にも触れましたが、アイヌエカシとの交流で感じた感謝の祈りの手の動きが、いまも新鮮な感動を生み出してくれます。手を合わせる事には、心を一つ所に集める求心的な要素が感じられます。そこには暗黙の上下関係が生まれ、その姿勢は権力の正統化と結びついてきました。これに対して、両手をわずかに広げ、手のひらを自分の方に向け、ゆっくりと手前に動かす行為は、広い世界自然との一体感が湧きおこり胸が温かくなります。一緒に生かされている、生きているという感覚が引き起こされるのです。

 これは神仏を拝むような方向性ではなく、全体性、一体感を伴います。いつ、どこにいても、この手の動きが周囲との一体感を感じさせてくれるように思います。拝むもの、拝む場所を必要としない、その自由さと豊かさから受け取るものは大きいと思います。

 今年は、アイヌの長老石井ポンペ氏に続いて、アラスカインディアンの長老ボブ・サム氏との出会いがありました。その体験は、これから意味を持って展開していくのだと思います。

 この二人に共通していたのは、両手の動きでした。イタドリの前で跪いたアイヌの祈りで感じたことが、先日の厚真でのボブ・サムの踊りの時にもあったのです。ボブは、ドラムと声に促されるようにステージに上がってきて踊りました。そして、輪になって踊り始めた皆さんの方に向かって、何度も何度も手を広げ、皆さんの魂が自然と一つになって喜びに満たされるように祝福していました。

 その姿はとても印象深く、彼がストーリーテーリングを続けている大切な役割を再認識させてくれました。その数日後、「かぜがおうちをみつけるまで」というボブの絵本が手元に届きました。それは静かなと息のような、小さな絵本ですが、彼の後書きも含めていつまでも心に残る一冊になりました。深く広く豊かな世界との繋がりを、わずかな言葉で感じさせてくれます。

 説明的な言葉がそぎ取られ、物語そのものが、気が付けば心を支え、向かうべき道へと促してくれる。そういえば、アイヌエカシ、ポンぺさんの歌もメロディーもそうでした。それは、両手を広げて存在する全てのものとの繋がりを感じることと繋がっているのでしょう。

d0178682_13585478.jpg

[PR]
by ravenono | 2011-08-27 13:59 | KOCOMATSU

KOCOMATSU一周年感謝会レポート

KOCOMATSU一周年感謝会は夏らしい陽気の中で、木陰にテーブルを並べて始まりました。当日も翌日も、その翌日も北海道には珍しく30度越えの日が続いています。こういうときは、木陰のありがたさが良く分かります。

 強い日差しを避けて、小さな池のそばの丸太の椅子に腰かけ、時折かすかに流れる風のありがたみを感じながら過ごす時間は良いものです。
 
 来場者を待つ間に、先に来られた方々でKOCOMATSUのマークをデザインしてくださった長谷川大さんの作品を好き勝手にペタペタ貼って回る遊びの時間を持ちました。この春に開かれた展示会の時に使った大量の資料やカラフルなKOCOMATSUマーク、完成に至るプロセス、スケッチの数々を思いつくままに貼りました。

 入口にはとびっきり大きなマーク。そして、看板も、小枝も、葉っぱも、椅子も、テーブルも、壁も足元もドアも、窓も、KOCOMATSUでいっぱいになりました。小さな子供さんもいて、楽しんでいました。自分なりのアイデアと他の人の目の付けどころが合わさって、賑やかで面白い空間が出来上がりました。楽しみと接待と料理や食事、談笑、演奏などで写真を撮るのをすっかり忘れてしまいました。

 田中久雄さんのウッドベースの響きがステンドから差し込む光と混じり合い、KOCOMATSUは予想以上に豊かで深く心地よい響きに満たされました。軽妙なトークと抜群のセンスで奏でられるウッドベースは、彼の演奏体験の豊かさを印象付けてくれました。幅の広さと柔軟かつバランスのとれた演奏に、一同うっとり、たっぷり重厚かつ幅の広い演奏を堪能する時間になりました。

 午後の最初の時間にはボサノバを歌う方もおられ、即興で二人が演奏し歌うサプライズがありましたが、ベーシストの本領発揮の時間になりました。とてもその場で初めて生まれたとは思えない素敵な時間でした。また、ウッドベースにラブフルート、そこにディジュリドゥーのTさんも加わったり、みんなでリズムを刻んだり楽しい時間もありました。

 しばしくつろいで、夕方から始まった演奏は来場者の顔触れも変わり、新しい雰囲気の中で過ごしました。夕方の光が新しい空間を作り出し、音色の感じ方も微妙に変わりました。薄暗がりの中に淡く差し込む光が響きをさらに豊かに引き出してくれました。各自が鳴りものを手に参加した演奏も心地よいものでした。

 ひとりひとりが十分に納得、満足、感動を口にし笑顔で帰られました。一つの楽器の響きを、じっくり、たっぷり、生の響きとして感じる空間。それを象徴する素敵な時間になりました。40年前のフォークバンドユニットが、ウッドベースとラブフルートで再会し、二人の演奏が生まれました。
 
 KOCOMATSUの次の風は、どこからどこに吹いて行くのでしょう。小さな空間だけれど、足を運んで心底良かったと思える事を、じっくり、ゆったり、思いつくままに継続していこうと思っています。徐々に、KOCOMATSUが自分たちの場として共有できるようになっていくといいなと思っています。

 ゆっくり自分の心から生まれる木々の響きを感じたくなったら、足を運んでみる。自分の内側から浮かび上がってくる響きの中で自分自身を深く感じる。そんな空間がある。それがゆっくり伝わり、必要な人がやって来る。そんな循環が続いています。これまでに足を運んでくださった方々に、心から感謝します。そして、これからやって来るであろう方々を心からお待ちしています!
 
d0178682_1561163.jpg

[PR]
by ravenono | 2011-08-09 15:01 | KOCOMATSU

KOCOMATSU感謝会2011.8.7

d0178682_232144.jpg
KOCOMATSUの一周年感謝会がこの7日に開かれます。このスペースについて格別な宣伝もせず、ほんの少し前に入口あたりにサインが立てられたばかりでした。近隣の方々は、あれはいったい何だろうと噂し、誰も知らないままに、勝手に想像している。これがまた、楽しく面白い。

 この時期は、あの空き家に幽霊が出るみたいな噂がもっともらしく囁かれたりします。確か子供の頃にも、そんな話をあちこちで小耳にはさんだ事がありました。

 サインの文字はしっかりデザインされたローマ字表記ですが、発音してみてもよくわからない。カタカナでシママツのココマツと表してみると少し覚えやすいかもしれません。これといった観光地もなければ、特産品もない小さな駅があるだけ。町と云うより、村に近いかもしれません。

 自分の感覚では、どうしても島松という文字が土地と繋がらないままでしたが、アイヌ語でシママップとかシュママップと呼ばれていたという説明が一番しっくりきます。文字だけ見ると、三陸の松島と何か関係があるのかなと思ってしまうけれど、実際には何の関係もないのです。音を文字に当てはめただけのことでした。

 それでも、北海道の地名がアイヌ語と関連して名付けられている事は大切なことであり、良かったなと感じます。もう少し踏み込んで、アイヌ語の発音をカタカナで表現しているように、地名を全部カタカナで表記しても良かったような気がします。北海道全部、どこへ行ってもカタカナの地名になっていても良いかもしれません。

 このシママツから同じ高校に通っていた一年先輩の田中久雄さんが、今回KOCOMATSU一周年の感謝会に来てくださりコントラバスの演奏をしてくださいます。学生時代に、一緒にフォークソンググループを作って活動していたことがあります。田中久雄さんの卒業後は、自分で新しいユニットを組んで学校祭などでギターを弾いたり歌ったりしていました。

 20年ほど前に、ジャズ喫茶でベースを弾いていた田中氏の姿を見かけたような記憶がありますが、実際に顔を合わせてお話ししたのは多分40年ぶりくらいです。それぞれが音楽に関わりプロとして演奏に関わっている事が、どことなく嬉しくもあり、懐かしくもあります。

 深く、力強く、優しさに満ちたウッドベースの響きを堪能します。大地の響きと風の歌が重なりあうコラボも予定しています。長い年月を経て、いま彼の人柄に触れてみると、彼自身が素敵な響きを持って生きている事を感じます。

 これまでにも何人かのベース奏者と関わってきましたが、結果的に今回の出会いが最初の演奏になりました。一つの楽器や声の響きを、生音で、一切の音響を使わずに、たっぷりじっくり感じてみたい。そんな流れをこれからも続けて行きたいと思っています。

 自在に奏でられるコントラバスの響きに支えられて、木々の響きが風のように流れ、天空を舞う。そんな時間になると思います。当日は、島松の鳴るこ祭りもあります。おいでになられる方は駅からKOCOMATSUに辿りつけずに、祭に巻き込まれるかもしれません。どうぞ脇目を振らずにお出かけください!
[PR]
by ravenono | 2011-08-05 02:32 | KOCOMATSU