<   2013年 01月 ( 2 )   > この月の画像一覧

ぽつり ふらり

来客を迎えるためには数時間前からストーブに火を付ける。これが冬のKOCOMATSUの楽しみでもあります。

灯油が予想以上に高騰し、負担がましているのは事実ですが、だからこそお迎えする時間の尊さが増してくるようにも思います。

突発的な訪問の時は 、暫く寒いですね〜という時間があるのですが、これもまたいいものです。

この冬から登場したレインボウストーブが2台並んで火を灯し、次第に空間に暖かさが生まれて来きます。何も言わなくても、自然とストーブに近づき手をかざす。絵に描いたような情景が生まれます。

暫くしてヤカンの水が沸き始め、蓋がカタカタ鳴り始めると、ちょっとお茶でもいれましょうかという時間になります。

寒さで固まった身体がゆっくりと動きだし、周囲にある楽器やチラシに手が伸び始めると会話も弾んできます。注がれている美しい光の輝きにも目が向くようになります。

厳寒の雪国に、小さいけれど火が灯り、誰かがやって来る。特別な何かがあるわけではなく、手作りの笛が並んでいて、ドラムが置かれていて、素朴なキャンドルスタンドがあるだけです。

来客のたびにキャンドルに火を灯すのですが、気がついたら残り少なくなっています。そんなにいろんな人が来たんだな〜と驚きます。

先日も、一人で過ごしたいので....と連絡がありました。どうぞご自由にお過ごしくださいと返事をしました。ややしばらくして、何となく笛の音がきこえてきました。ぼーっと明かりが灯ったKOCOMATSU。

僕の人生に、こういう場が与えられたことがちょっと不思議です。それでいて、どこか必然性も感じます。ぽつり、ふらりと音の旅人がやって来て、何となく誰かが耳を傾け、ぼんやりと過ごす。

その程度のことしかできない小さな空間ですが、この空間を思い出しただけで、心の中に何かが満たされるといいなと思っています。

この27日は2013年のKOCOMATSU初ライブ。ことさらに宣伝してはいなくて、思いついた人、出会った人に声をかけるだけなのですが...どんな出会いが待っているのでしょう。ちいさな楽しみ、小箱の蓋をそっと開けて見るような一日になりそうです。
[PR]
by ravenono | 2013-01-24 11:26 | KOCOMATSU

ラブフルート吹き初めの歩み・2013

  書き初めをしなくなって随分になります。真っ白な半紙に筆にたっぷり墨を付けて文字を書く。この慣習が、一年の始まりにちょっと気持ちを整え、背筋を伸ばして、さあ前に進もうという気分にさせてくれたものです。筆文字はまだ生活の中から完全撤退してはいないと思いますが、かなり墨と半紙の機会は少なくなったような気がします。

 今では、年末や年始の挨拶をネットを使ってキーボードやタッチパネルで素早く済ませる人も増えて来ました。そんな中で、書き初めならぬ吹き初めを始めたのは石狩当別の学校跡でした。新雪がきらきらと輝く美しい世界は今でも鮮明に記憶しています。

 それからやや過ぎて、今度は札幌の旭山記念公園にある素敵な山小屋で、マキストーブを囲み、談笑を楽しみました。とても見晴らしの良い場所でした。思い思いにラブフルートを手に外で吹き交わしている人もおられました。顔を合わせ、安否を確かめ、次の道へ繋がる心地よい時間を過ごしました。

 ただ、山小屋までは足元が危うく、急斜面の雪道は荷物の持ち運びを含めて、やや厳しい面もありました。そこで、次回は会場を替えて地元恵庭市島松のJR駅前にある夢創館になりました。JR島松駅徒歩1分。駐車場完備で来場者の負担は少なくなりました。初回は、メディアのちょっとした勘違いもあって新聞に掲載され、80名近い来場者で随分と賑やかな吹き初めになりました。

 勿論、数集めが目的ではなく、当然収益が目的でもありませんから、次の会からはメディアを遠慮して開きました。好きな時間に、気ままに、次々と現れては交流を楽しみ、思い思いに帰っていく様子は楽しいものです。誰かが帰ったな~。ちょっと寂しくなったな...と思っていると、ふと誰かがやって来る。この微妙な流れが、ちょっとしたびっくりや、なつかしさや、嬉しさになります。

 格別に催し物を用意してはいませんが、毎回何かしら予期せぬ事が起こって、結構楽しめます。午前中から最後まで、ずっといて準備や後片付けをしてくださる方もおられます。はてさて、今年はどうなることでしょう!

 企画らしいと言えば、今回は琵琶の弾き語りをお願いしています。まあ、音楽仲間のよしみで声を掛けさせていただきましたが、「やるよ~」と返事が返って来ました。毎年太極拳で楽しませてくださるHさんは年末に転倒し、手の骨を骨折したばかりで今回は残念なことになりました。

 その他にも、来られなくなりましたという連絡が届いていますが、来られなくても元気でいれば良し、来られればそれもまた良し。それぞれの与えられた場所で、それなりにいい感じでスタートが切れれば十分です。

 決めごとではないけれど、持ち寄りというオマケは、楽しみを分かち合うアイテムとして思い付いたのですが、これがちょっとした料理の知恵の情報交換になっています。これに加えて、思いがけない、それぞれがお正月スペシャルで持ち込む個性的アイデアから生まれたサプライズプランもなかなか楽しいものです。

 さすがにKOCOMATSUは、吹き初めには狭すぎますが、それぞれのアイデアでスペースの個性を生かしたプランが生まれてくるのも楽しみです。レインボーストーブも2台用意して、試してみましたが、やはり2台で正解でした!

 明日に控えた「吹き初め」の最終案内です。

会場・島松「夢創館」(JR千歳線・普通列車で島松駅下車徒歩1分)お車の方は駐車場完備しています
会費・1000円+持ち寄り/参加者制約一切ありません。
時間・午前10時(9時半からいます!)~午後9時半(10時までいます)
連絡先・ブルーレイバンクリエーション 0123-36-8881/090-8906-9916
[PR]
by ravenono | 2013-01-04 22:09 | 響きあう