<   2013年 07月 ( 1 )   > この月の画像一覧

風を感じて心が動く

来週の土曜日と日曜日にかけて吟遊詩人ワークショップが開かれます。このワークショップでは、自分の好きな楽器などを含めて、何か心がつながるアイテムを選んでもらいますが、なにもいらない人がいてもいいと思っています。

それなりの鳴り物を用意している中にスピリットキャッチャーも仲間入りさせることにしました。

細長い棒にゴム紐を付けて振り回した時に起こる響きがちょっと個性的なのです。僕はこれを特別神聖なもののように扱うつもりはなく、作り方もコリコリの精緻で美しいものにするのは、ちょっと違うんじゃないかな〜と感じています。

そんな考えもあって、何気なく訪れた支笏湖の畔で拾ってきた流木を見ながら、これでスピリットキャッチャーが出来ないかなと思いついたのです。製作の合間にちょっと手を掛けて最初のキャッチャーが出来上がりました。

それなりにいい感じだったので、欲を出して再度支笏湖に出向いて、良さげなものを集めてきました。これは楽しみながら作れそうでしたから、ワークショップ参加者の皆さんにも体験して貰うことにしました。

最初は、演奏者のパフォーマンスを見ながらブンブン振り回していたのですが、なんとなくスピリットキャッチャーが捕獲網のように感じてきて、これまたちょっと違うんじゃないかな〜ということになりました。

外で鳴らしているうちに、風が吹いてきて、勝手に鳴り始め、これは楽チンだなと思いました。まあ、子供の遊びのようなもので、今度は流木の枝を耳に当てて見たり、思いつくことをやってみました。

するとどうでしょう、体感したことのない響きの世界が立ち現れたのです。自分で回転させて鳴らすのもいいけれど、自然の風の動きを直接感じることの方が遥かに面白く楽しいのです。

巨大なウサギの耳のようにキャッチャーを立てて、風を感じる。そんな姿だけで、もう立派な吟遊詩人でしょう。そして、風を感じたあと心に浮かんだ言葉や思いを語ったり、歌にしたり…。

太陽光発電の時もそうでしたが、自然と繋がる感覚は何故か嬉しかったり感謝する心に繋がるのです。晴れの日は太陽光で楽しみ、風の日はウインドキャッチャーで楽しむ。さて、今度は雨か?!

吟遊詩人ワークショップ、どんなスタイルの詩人が現れるのか楽しみです。
d0178682_1518277.jpg

[PR]
by ravenono | 2013-07-20 15:19 | KOCOMATSU