<   2014年 05月 ( 2 )   > この月の画像一覧

KOCOMATSUの森・乾杯を終えて 次のステップへ

KOCOMATSUの森・タングロンで乾杯を終えて、僕の中に残っている思いを簡単に書き留めて見たいと思います。

入れ替わり立ち替わりで17名(2名は日にちを間違えて翌日に来られました!?がちゃんとお話をしました)でした。急遽来られなくなった人、予想していなかった参加者。

色んな考えが伝わって来ました。そもそもこういう集いに参加される皆さんの存在が嬉しい集いでした。真剣な時あり、笑い声いっぱいの時あり、音楽に包まれる時間あり、持ち寄りを分け合って頂いたり、タングロンで乾杯したり、ドルチェでカフェ・オ・レ頂いたりで、最終はそれなりの遅い時間になりました。

東北に関するこれまでの経緯、現在の状況の一部紹介、今後の予定などを含めてお伝えできたかと思います。ロングスパンで現状を捉えること、同時に現実をよく見ること、具体的な行動に結びつく生き方などなど…。

様々な視点から生まれる言葉の重要性を感じる時間でした。それぞれの今の思いこそ現実そのものです。命がそこに集って、思いを告げる。その思いが、震災後の状況や放射能汚染と共に存在しているのです。

それと同時に、被災地の皆さんが苦難の中で自分の命を保ち、生き抜こうとしている姿があります。当然のように、様々な考えや感情が湧き起こり、溺れそうになったり、絶望的な思いにもなることでしょう。

それは震災があろうが無かろうが、人生に待ち受けている現実の一部です。今回の報告に、崎山地区のご婦人たちが笑顔でインディアンドラムを叩きパワフルに過ごした時の写真を掲載しました。

僕はこのブログを書こうとした時に、彼女たちの姿を思い出したのです。腰が痛い、足が痛い、肩が上がらない…そう言いながら集まって来た皆さん。

愛する人を失い、慣れ親しんだ家も財産も呑み込まれ、命からがら逃げ出し、仮の家で先の見通しもなく生活されている方々。そんな皆さんを支えるために尽力しておられる方々。

その方々が、笛の音に心を寄せ、一緒にドラムを叩き、手拭いを手に踊りだし、満面の笑顔で過ごされたのです。

今頃になって、僕は涙が止まりません…。うなだれ、嘆き、引きこもり続けたり、命を絶っても不思議ではない中で、生き延び、集い、声を上げて歌い踊りだした皆さんの笑顔。ハツラツとした掛け声。

思い返せば東北での20数回のラブフルートとドラムの演奏は、人生の大きなギフトであり、勇気を分けて頂く旅でした。

何が出来るではなく、生きて出会い触れ合うことそのものが必要なのだ…僕はそんな思いで、次のステップの準備を始めています。

宮城県角田市で市民放射能測定室を設け、子供達の為に尽力しておられる池田氏をお呼びして、今現在考えていることを伝えてもらおうと計画しています。

そこでは池田氏も含めて、それぞれの思いを表現し、交流したいと思っています。
東日本大震災は僕たちそれぞれの人生の一部です。その中でどう生きてゆくのか。出会い集う命の中で、改めてそれぞれの思いを感じ、動き出す時間になればと思っています。7月18ー19日(長沼町 ポエティカ&恵庭市島松 夢創館)

企画された平松さん、集われた皆さん、集えなかったけれど心を寄せてくださった皆さんに心から感謝します。
d0178682_051574.jpg

[PR]
by ravenono | 2014-05-29 00:52 | KOCOMATSU

KOCOMATSUの森・タングロンで乾杯

KOCOMATSUの森・タングロンで乾杯 2014年5月24日 午後1:00〜
このプランは、平松美樹さんから持ちかけられました。東北の支援活動の報告を含めて、今後のために何が出来るのか…そんな話題を通して、様々な思いを語り合おうという自由な集いです。

僕はその中で、ほんの一部分お伝えできそうなことがあれば良いかなと思っています。何よりも大切なことは、大半の方々が東日本大震災のことを話題にすることを忘れかけている現実を批判したり嘆くのではなく、一人一人が自分自身のこととして現実に向き合おうとする事だと感じています。

現地では、私たちのことを忘れずに覚えていてくださることが何よりも嬉しいと感謝の言葉を届けてくださいます。忘れずに心に留める。それは愛することの大切な印でもあると思います。困難の只中におられる方々が、少しでも安らかに眠り、喜びや慰めを見出せるように…心から思い、祈ること。

僕は何をするよりも、そうした思いをはっきりさせる事が生きて行く土台なのだと思います。そこから具体的な行動が生まれて来る…。それは思考や価値観、同情や感情でもなく、心の底から生まれて来るものだと思っています。

今回のような大きな出来事に直面しても、地にひれ伏して、天を仰ぐ指導者は見出せず、権力関係の狭間で生き延びようとする自我の叫びが弱い人々を追い詰めてしまったような気がします。

メディアという媒体が只中の人々の現状や願いを十分に伝達し、バランスの取れた情報を提供してくれたのだろうか?不都合な現実は制御され、混乱を招く危険を理由に纏められた情報は、本当に必要とすることから目をそらさせていたような気がします。

そんな現実の中で、自分の目で確かめ、直接対話し、変化し続ける状況にこまめに根気良く対応し続けることの大切さを感じます。

まずは現状の一部ではあるけれど、それを知ろうとすること。そして、自分自身の心に浮かび上がることを確かめ、伝え合うこと。この大切な接点の一つとして、今回のような動きは大切だと思います。

一人でも、そのような思いを抱いて足を運ぶ人がいるなら、そこから新しい流れが始まるのだと思います。取り分け、若い世代の中から新しい流れが始まる事を楽しみにしています。

タングロン支援基金の活動は、新たな転換点に向かって舵を切ろうとしています。その小さな可能性の一つが、KOCOMATSUの森・タングロンで乾杯だと思います。このプランに続いて、7月もしくは8月には、その拡張プランを準備中です。

さらにそこから現地に向けた活動の準備も始まります。タングロン支援基金の理解者や賛同者は、当初のような勢いはありませんが、それはごく当然のことと思います。それと同時に、地道に支えてくださる方、タングロンの購入者がおられることも事実です。

淡々と現地の子供達や必要を覚えている方々に、野菜を送り続けておられる方。コツコツと密かに支援基金を届けたり振り込んでくださる方もおられます。

若い方々の動きが少しでもあることは一つの希望の種です。僕が、平松さんの活動のことをFacebookでシェアしたとき、ただの自慢をしているだけだろうみたいな心ないコメントがありました。

自分では指一本動かさずに、批判めいた言葉に終始する存在。面白いもので、この類の人はどこにでも現れます。実態を知ることなく自分の認識を正当化する人は執拗に同じことを繰り返しながら生きようとするでしょう。むやみに噛み付きながら、決して満たされることの無い自分の空虚さに気づく事があれば良いのですが…。

そうした存在は活動の現場にも、姿を変えて現れることがあります。光と闇は交錯しながら僕たちの世界を巡って獲物を探しています。賢く黒い影を退け、光を掲げて、一人の大切な命が守られるように黙々と道を歩く。その旅を支え、あるいは共に歩く友との出会いを感謝しながら、タングロンで乾杯する日を楽しみにしています。

美樹ちゃん。数は集めなくてもいいからね…静かに自分に出来ることをじっくり続けて行こうとする人が一人でもいてくれたら嬉しいけど…思いを行動にする大切な一人がいてくれれば、十分です…

天に向かって、自分の心に示されたことを明確にし、立ち上がり、行動する。それだけです。月夜の宴から、もうすぐ一年になろうとするけれど、あの時もそうでした…

笛の音に涙を流し、ドラムの響きに踊りだし、一緒に声をあげて歌ったみなさん。元気な子供達の笑顔。その活動を理解し支えてくださったみなさん。その大切な出会いの記憶を胸に秘めて、次の道を辿るために手を添えてくださるみなさんとの歩みに感謝します。
[PR]
by ravenono | 2014-05-09 01:48 | KOCOMATSU