人気ブログランキング |

やってみたいと思っていること

 KOCOMATSUでやってみたいことが幾つかあります。一つはこの秋に予定しているキャンドルスタンド(フォルダー)と蜜蝋キャンドルの展示会です。キャンドルの光が生活の中に浸透すると、何か不思議な力や大切なものが浮かび上がってくるように感じているからです。

 もう一つやってみようと思っているのは、ディジュリドゥーの響きにどっぷりとひたりきるライブです。それも、一人の演奏者ではなく、複数のディジュ奏者が集まって交互に吹き交わしたり、一緒に吹くと云ったライブです。

 ウッドベースだけのライブ、あるいはトンコリだけ,口琴だけのライブなどもいつか実現したいと思っています。こうした思いは、ひとつの響き、ひとつの楽器の持っている世界をゆっくり、じっくり感じることが大事だな~と感じているからです。

 音響を使った大掛かりなライブや演奏、他の楽器と合奏するスタイルとは違う空間が必要だと感じているのです。音楽が、ともすればパフォーマンス中心になったり、技術の披露になりがちかな..と。それはそれで楽しさも満足感もあると思います。自分自身もそういう場に出向くことも少なくありません。

 だからこそ、ゆっくり壁に寄り掛かって、のんびりじっくり一つの音の世界を感じる空間があればいいなと感じています。こうしたスタイルは、ある意味演奏者にとっては緊迫感があると思います。かすかな響きも忠実に響かせる空間ですから、まさに生音そのものが聴こえてきます。だからこそ、音楽の持つ魅力に触れられるような気もしています。

 演奏者自身が楽しみ、満足できること。それが響きの中に集まる一人一人にも分かち合える。そんなことを、ゆっくりやっていけるといいかなと思っています。演奏者がたっぷりエネルギーを受け取れる場を持つことは大切だと思います。聴いてもらうと云う方向性だけでは気づかないものが沢山あると思うのです。

 書きあげてみたことは、素朴にやってみたいことですが、色んなかかわりの中で新鮮な世界と触れ合う場が生まれればいいかなと思っています。

d0178682_114181.jpg

by ravenono | 2010-08-12 11:05 | KOCOMATSU
<< どんな風に響くのか 8/8・八・蜂 >>