人気ブログランキング |

素朴に響きを感じ楽しむこと

KOCOMATSUでちょっとドラムを叩きたい。ラブフルートを吹きたい。そんな連絡が入って、お母さんと子供さんがやってきました。親子で音の響きを楽しむためにやってくる。こういうのがいいな..と思ってました。

 これまでにも、初めて親子で音楽を楽しまれた方たちがおられました。一昨日は、トンコリの響きを楽しみたいという方たちが夜のKOCOMATSUを楽しんでおられました。

 ゆっくり、それぞれがKOCOMATSUと繋がっていく様子を見ていると、確かにこういうスペースってあまりないかも..と感じました。

 しばらくライブの動きがあって、あちこちに音響設備を積みこんで出かけているのですが、KOCOMATSUでゆったりラブフルートを吹くと、ほっとします。広い会場や沢山の方が集まる時は、聴こえないぞ~ということにならないように音響設備を使います。

 生の響きを電気の力を借りて増幅したり、加工する。こういうライブが大半ですから、さして違和感がない方も多いでしょう。ですが、ときおり、ライブを終えてから、スピーカー使わないで聞かせてくださいと言われることがあります。

 CDとは違う、生身の演奏を聴くと云うことでは、ライブは生音に近い気もしますが、やはり音響を通すと云うことになると少なからずスピーカのノイズもあるわけです。イメージを作るために、響き方もそれなりに調整します。

 KOCOMATSUにはそれがない。何にもないので、つまらないかというと、全く逆で、楽器の響きがよ~く感じられるのです。そして、人はたくさんは入らない。

 大きなステージ、沢山の人数になればなるほど、そこには音楽本来の響きが失われていくのかもしれません。音楽がプライドや稼ぎの大きさ、人気の有無でやりとりされると、肝心なものを失いかねないような気がします。

 今日も、のんびり、自分の呼吸から生まれる木々との触れ合い。その響きを感じたいと思われる方たちとの出会いを楽しみつつ、KOCOMATSUで待ってます...。
by ravenono | 2010-08-31 09:51 | KOCOMATSU
<< 優しい時間・空間を過ごすライブ KOCOMATSUに届いた葉書 >>