人気ブログランキング |

三味線たっぷり

 KOCOMATSUで三味線の響きがたっぷりの時間が終わりました。多彩な三味線の響きを十分に感じるライブとなりました。天候を心配していましたが、それも何とかなりました。

 ほんとに繊細な響きが良~く聴こえてくる空間だと、改めて感じる時間でした。シンプルに、じっくりたっぷりというスタイルはこれからも大切にしたいと思っています。

 随分前のことですが、20人ほどの仲間で海でキャンプをしたのですが、この時のメンバーの希望はウニをたっぷり食べたいというものでした。じゃあ、もう当分ウニは見たくないというぐらいたっぷり食べようと計画しました。

 浜の下調べに出かけ、漁師さんと掛け合い、一人でウニ丼3杯は食べられるくらいの準備をしてもらいました。ウニ丼、ウニいり焼うどん、焼きウニ、スープ、刺身。勿論、この他にも魚貝類や肉類もありましたが、さすがにもうウニは食べられないところまでになりました。一夜の出来事ですが、多分死ぬまで忘れない体験のひとつだと思います。

 今回の三味線ライブ。集われた方々にとって、かなり印象に残る体験になったかと思います。その体験を思い出すだけで、元気や喜びが湧いてくるようになれば嬉しいです。

 音の響きがどれほど直接的に心に影響を与えるものなのか、再確認する時間でもありました。遠方からの来客、大きな拍手が、演奏者の次の元気に繋がるのだと思います。

 多分、今年最後のKOCOMATSUイベントだと思います。また、新しい動きになるだろうKOCOMATSUをご一緒に楽しみつつ生かしていければ幸いです。
by ravenono | 2010-12-07 12:55 | 響きあう
<< 何かが待っている ラブフルートから生まれたKOC... >>