沈黙のKOCOMATSU

年末年始はKOCOMATSUでのんびり過ごそうと思っていましたが、29日のアクシデントですっかり予定が狂ってしまい、まったく足を踏み入れないままお正月が終わってしまいました。

 冷え切った内部が温まるまでに1時間以上灯油を点火しておく必要があるため、経済性を考えている事も理由の一つではあります。一時期の灯油高騰ほどではありませんが、自宅と工房とKOCOMATSUを維持するのはたやすくはありません。

 この1月は、8日の吹き初めの時に、まだKOCOMATSUを訪れていない方々をお招きできればと思っています。吹き初めメイン会場は、島松駅前の夢創館。サブ会場がKOCOMATSUとなります。どちらでも居心地の良い場所で過ごしていただければと思っています。

 賑やかな集まりを楽しんだり、静かな光の空間で過ごしたりしながら一年のスタートを切りたいと思っています。

 小さなKOCOMATSUで起こった様々な出会いが、今年の新たな流れを生み出していきそうです。場所ができると云う事は大きな変化の始まりでもあるわけです。勿論、場所が失われることもまた、変化の始まりを示しているのだと思います。

 場が生まれるにしろ、失われるにしろ、その影響は波紋のように広がって行くのだと思います。この一年のKOCOMATSUを巡る出来事をゆっくり記していくつもりでおります。

 どうぞ、よろしくお願いします。
by ravenono | 2011-01-06 01:45 | KOCOMATSU
<< マウンテンウーマン KOCOMATSUでミズナラ・... >>