人気ブログランキング | 話題のタグを見る

30年ぶり、40年ぶり

 KOCOMATSUを訪ねて来られた方の中に、30年以上時が流れて再会した人がいます。面白いもので、再会した途端、当時の事が一気に甦ってきました。第一印象、最初の印象は最後まで記憶され続けるものだと、つくづく思います。

 数十年過ぎれば外見が変化していて当然ですが、色々とお互いに口にこそしませんが、感じるものがあります。どんな道を辿って、ここに至ったのか。それは、本人から出てくる言葉から知るしかありませんが、むしろ、言葉にならない部分こそ、その人の今に繋がっているのだと思います。

 吹奏楽を教えていた時の生徒でしたが、今では近隣の中学校の教頭としてしっかり働いていることが分かりました。玉手箱を一緒に開けてみた..そんな感覚の出会い、再会でした。それは懐かしくもあり、楽しくもありで、とても心地良い時間を過ごす事が出来ました。

 そして、つい最近になって、今度は40年以上の時間が過ぎての再会になりました。それは同窓会とは違います。その頃の先輩との再会でした。不思議なもので、先輩という響きは今に至っても、かなり有効で、立場はずっとそのまま継続されているのです。とはいえ、見た目は、私の方が先輩風ではありましたが...。

 高校時代に、フォークソングのグループの一員として声を掛けられ、一緒に演奏したり歌ったりしてた事があったのです。その後、それぞれに旅をしてきましたが、40年以上経過した今現在、どちらも音楽の世界に居て、音楽が生活の中心にありました。ギター弾きから、いつしかベーシストになっていたT先輩と、毎日フルートを吹き、ギターを弾き、歌っていた自分。何となく嬉しい再会となりました。

 たった一人の人との出会い、再会がとても貴重なものであり、離れてはいたけれど、どこかで繋がっていたんだな~という感覚が不思議な幸せ感になっているように思います。命が続いてきた..それがどんなに貴重な事か、改めて感じるKOCOMATSU空間の出来事でした。

30年ぶり、40年ぶり_d0178682_1161847.jpg

by ravenono | 2011-04-08 01:17 | KOCOMATSU
<< まず一歩  米一合 >>