人気ブログランキング | 話題のタグを見る

ぽつり ふらり

来客を迎えるためには数時間前からストーブに火を付ける。これが冬のKOCOMATSUの楽しみでもあります。

灯油が予想以上に高騰し、負担がましているのは事実ですが、だからこそお迎えする時間の尊さが増してくるようにも思います。

突発的な訪問の時は 、暫く寒いですね〜という時間があるのですが、これもまたいいものです。

この冬から登場したレインボウストーブが2台並んで火を灯し、次第に空間に暖かさが生まれて来きます。何も言わなくても、自然とストーブに近づき手をかざす。絵に描いたような情景が生まれます。

暫くしてヤカンの水が沸き始め、蓋がカタカタ鳴り始めると、ちょっとお茶でもいれましょうかという時間になります。

寒さで固まった身体がゆっくりと動きだし、周囲にある楽器やチラシに手が伸び始めると会話も弾んできます。注がれている美しい光の輝きにも目が向くようになります。

厳寒の雪国に、小さいけれど火が灯り、誰かがやって来る。特別な何かがあるわけではなく、手作りの笛が並んでいて、ドラムが置かれていて、素朴なキャンドルスタンドがあるだけです。

来客のたびにキャンドルに火を灯すのですが、気がついたら残り少なくなっています。そんなにいろんな人が来たんだな〜と驚きます。

先日も、一人で過ごしたいので....と連絡がありました。どうぞご自由にお過ごしくださいと返事をしました。ややしばらくして、何となく笛の音がきこえてきました。ぼーっと明かりが灯ったKOCOMATSU。

僕の人生に、こういう場が与えられたことがちょっと不思議です。それでいて、どこか必然性も感じます。ぽつり、ふらりと音の旅人がやって来て、何となく誰かが耳を傾け、ぼんやりと過ごす。

その程度のことしかできない小さな空間ですが、この空間を思い出しただけで、心の中に何かが満たされるといいなと思っています。

この27日は2013年のKOCOMATSU初ライブ。ことさらに宣伝してはいなくて、思いついた人、出会った人に声をかけるだけなのですが...どんな出会いが待っているのでしょう。ちいさな楽しみ、小箱の蓋をそっと開けて見るような一日になりそうです。
by ravenono | 2013-01-24 11:26 | KOCOMATSU
<< 太陽の光 そして、風の道 ラブフルート吹き初めの歩み・2013 >>